株式会社プラネット

HOME >  知る・役立つ・参加する > 会長ライブラリー > 会長の読書

会長の読書

広い視野を持つために読書の大切さを説き、社員に「本を1000冊読め」と常々言っている当社会長・玉生。このページでは、玉生がこれまで執筆した書評のうち、主なものをご紹介いたします。
2018.05.07
日本の企業家 中内 功 (石井淳蔵著)
2018.03.23
挑発的ニッポン革命論 (モーリー・ロバートソン著)
2017.10.16
「公益」資本主義 (原丈人著)
2017.06.29
バブル (永野健二著)
2017.04.24
ヒルビリー・エレジー (J.D.ヴァンス著)
2017.01.10
阿蘭陀西鶴 (朝井まかて著)
2016.10.17
陸王 (池井戸潤著)
2016.08.25
天才 (石原慎太郎著)
2016.08.17
コンビニ人間 (村田沙耶香著)
2016.06.27
羊と鋼の森 (宮下奈都著)
2016.06.10
明治維新という過ち - 日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト - (原田伊織著)
2016.04.19
日本人と雑草 (梶田正巳著)
2016.01.22
エクサスケールの衝撃 (齊藤元章著)
2016.01.05
田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」 (渡邉格著)
2015.10.26
(東山彰良著)
2015.10.15
小室直樹 日本人のための経済原論 (小室直樹著)
2015.08.18
沈みゆく大国 アメリカ (堤未果著)
2015.08.18
一〇三歳になってわかったこと (篠田桃紅著)
2015.08.18
日本嫌いのアメリカ人がたった7日間で日本を大好きになった理由 (マックス桐島著)
2015.01.19
21世紀の資本 (トマ・ピケティ著)
2015.01.15
マルクスが日本に生まれていたら (出光佐三著)
2014.12.24
バンクーバー朝日軍 (テッド・Y・フルモト著)
2014.12.24
英国一家、日本を食べる / 外国人だけが知っている美しい日本 (マイケル・ブース著)
2014.08.21
資本主義の終焉と歴史の危機 (水野和夫著)
2014.06.05
申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。 (カレン・フェラン著)
2014.06.02
『いいね!』が社会を破壊する (楡周平著)
2014.06.02
ピカソは本当に偉いのか? (西岡文彦著)
2014.03.24
経済学は人びとを幸福にできるか (宇沢弘文著)
2014.03.06
増補 21世紀の国富論 (原丈人著)
2013.12.18
宇宙はなぜこのような宇宙なのか (青木薫著)
2013.09.24
統計学が最強の学問である (西内啓著)
2013.09.17
いい会社をつくりましょう (塚越寛著)
2013.07.17
海賊と呼ばれた男 (百田尚樹著)
2013.06.04
写楽 閉じた国の幻 (島田荘司著)
2013.04.23
経済学の犯罪 (佐伯啓思著)
2013.04.22
文藝春秋5月号「奇跡の日本経済復興論」 (浜田宏一)
2013.02.26
アメリカは日本経済の復活を知っている (浜田宏一著)
2013.02.26
汚れちまった道 (内田康夫著)
2012.09.07
原発再稼働「最後の条件」 (大前 研一著)
2012.07.05
銃・病原菌・鉄 (ジャレド・ダイアモンド著)
2012.07.05
信長死すべし (山本 兼一著)
2012.04.18
あんぽん (佐野 眞一著)
2012.04.18
舟を編む (三浦しをん著)
2012.02.21
アメリカの大型店問題 (原田 英生著)
2011.12.28
なぜ日本は変われないのか (山本 七平著)
2011.12.19
日本中枢の崩壊 (古賀 茂明著)
2011.11.11
流通革命 (林 周二著)
2011.08.01
下町ロケット (池井戸 潤著)
2011.07.26
デフレの正体 (藻谷 浩介著)
2011.05.05
人は放射線になぜ弱いか (近藤 宗平著)
2011.03.10
なぜ私は「中国」を捨てたか (石 平著)
2011.01.04
これからの「正義」の話をしよう (マイケル・サンデル著)
2010.09.29
スーパーマーケットほど素敵な商売はない (安土 敏著)
2010.08.27
単純な脳、複雑な『私』 (池谷 裕二)
2010.05.28
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら (岩崎 夏海)
2010.03.25
日本破綻 (藤巻健史著)
2010.01.05
無印ニッポン (堤清二・三浦展著)
2009.10.19
世界大不況からの脱出 (ポール・クルーグマン(著) 三上義一(訳))
2009.09.02
格差はつくられた (ポール・クルーグマン(著) 三上義一(訳))
2009.08.14
「経済戦勝国」 日本の底力 (長谷川慶太郎著)
2009.06.30
ラストワンマイル (楡周平著)
2009.05.15
さらばアメリカ (大前研一著)
2009.04.24
崩壊する世界、繁栄する日本 (三橋貴明著)
2009.02.20
資本主義はなぜ自壊したのか (中谷巌著)
2009.01.30
分析力を武器とする企業 (トーマス・H・ダベンポートなど)
2008.12.26
経済は感情で動く (マッテオ・モッテルリーニ著)
2008.11.28
戦略をつくる力 (若松孝彦著)
2008.10.31
強欲資本主義 ウォール街の自爆 (神谷秀樹著)
2008.10.03
P&G式 世界が欲しがる人材の育て方 (和田浩子著)
2008.09.05
残業ゼロの人生力 (吉越浩一郎著)
2008.08.08
生物と無生物のあいだ (福岡伸一著)
2008.07.11
日本経済、どん底への転落 (水谷研治著)
2008.06.13
よき経営者の姿 (伊丹敬之著)
2008.05.16
岡田卓也の十章―イオンの基本 ()
2008.04.18
日本文明、世界最強の秘密 (増田悦佐著)
2008.02.22
大変化 (伊藤元重著)
2007.12.28
モノづくり幻想が日本経済をダメにする (野口悠紀雄著)
2007.11.30
最後の黄金時代が来た かくて日本はツキまくる (今井澂著)
2007.11.05
ザ・プロフェッショナル (大前研一著)
2007.10.05
戦略の本質 (野中郁次郎他著)
2007.09.05
ウォルマートに呑みこまれる世界 (チャールズ・フィッシュマン著)
2007.08.10
バイアウト ― 企業買収 (幸田真音著)
2007.06.15
何のために働くのか (北尾吉孝著)
2007.05.18
日はまた昇る 日本のこれからの15年 (ビル・エモット著)
2007.04.20
中国が世界をメチャクチャにする (ジェームズ・キング著)
2007.03.02
世界に格差をバラ撒いたグローバリズムを正す (ジョセフ・E・スティグリッツ著)
2007.01.26
悪魔のサイクル-ネオリベラリズム循環 (内橋克人著)