株式会社プラネット

HOME > サービス > EDI > 資材EDI

資材EDI

資材サプライヤー

メーカー

1.標準化されたEDI

サプライチェーン全体の効率化が求められている中、迅速で正確な調達・供給体制が必要とされています。消費財メーカーと資材サプライヤーとの間で情報をデータ化し共有することで、調達・供給業務を一層合理化することができます。
資材EDIは、これらの業務の効率化と標準化を支援するデータ交換(EDI)サービスです。

2. 標準化されたEDIのメリット

メリット 1

個別仕様の対応が不要なので、開発費用などが低コストで実現できます。

メリット 2

複数社と共通の運用ルールで資材調達から決済までの業務の効率化を可能にします。

3. 主なデータの種類

所要計画データ メーカーが必要な資材、原料の品名別総所要量を資材サプライヤーに通知するデータ
発注データ メーカーが発注情報を資材サプライヤーに通知する確定注文条件を満たしているデータ
納入指示データ メーカーが品名別日程別の納入依頼情報を資材サプライヤーに通知するデータ
納入予定データ 資材サプライヤーが納期回答などをメーカーに通知するデータ
支払照合データ メーカーが月次単位の買掛金明細を資材サプライヤーに通知するデータ

4. Web資材EDI

資材サプライヤーがパソコンを利用して簡単にメーカーとデータ交換(EDI)ができるサービスです。

導入が簡単
インターネットに接続可能なパソコンがあれば、すぐにご利用いただくことができます。
操作が簡単
インターネットのページを閲覧する要領で、簡単に操作ができます。
運用が簡単
メーカーからデータが送信されるとメールでお知らせします。
受信したデータはCSVフォーマットでダウンロードし、二次活用することができます。
ローコストオペレーション
インターネットの定額プランをご利用いただくことで、通信費用が削減できます。

お問い合わせ先

お気軽にお問い合わせください

お電話から

株式会社プラネット ネットワーク推進本部 営業部

03-5962-0811

送信フォームから

お問い合わせはこちら