株式会社プラネット

HOME > 知る・役立つ・参加する > 調査研究 >  調査レポート > インバウンドの取り組み

インバウンド研究会

インバウンド研究会 ▼2017 ▼2016
第2期インバウンド研究会
2017年8月から、第2期インバウンド研究会が始まっております。

第2期では、第1期の知見に基づき、“インバウンド顧客に「届ける」〜プロモーションの研究”、“インバウンドの実状を「知る」〜インバウンド先駆者と先行事例の研究”の両テーマに取り組みます。
第2期研究会の成果につきましては、後日改めてご報告いたします。

第1期インバウンド研究会
2016年8月から2017年3月までの期間に全4回開催。

インバウンド研究会は、少子高齢化が進む低成長期の日本において、数少ない成長要因のインバウンドによる消費を通じ、消費財流通業界の活性化、業界全体の成長に寄与する施策の研究を行うために設立されました。2017年3月までの第1期の参加企業は以下の通りです。

第1期インバウンド研究会 参加企業(メーカー8社、卸売業3社、企業名は五十音順に記載)

・ メーカー :
エステー株式会社、株式会社エフティ資生堂、花王株式会社、コーセーコスメポート
株式会社、サンスター株式会社、日本製紙クレシア株式会社、ライオン株式会社、他1社

・ 卸売業 :
株式会社井田両国堂、中央物産株式会社、ハリマ共和物産株式会社