株式会社プラネット

HOME > 知る・役立つ・参加する > 調査研究 > インターネットが及ぼす流通変化についての調査

インターネットが及ぼす流通変化についての調査

NEW インターネットは一般消費財流通をどう変えるか 2022

 長引くコロナ禍により在宅時間が増え、感染を避けるために外での買い物を控えたいという意識が強くはたらく中、オンラインでの買い物が引き続き伸長したと考えられます。
 このような状況下で、⼀般消費財の買い物に関する消費者の意識と行動、ならびにデジタルネイティブと言われる若い世代の買い物行動について調査しました。

「インターネットは一般消費財流通をどう変えるか 2022」(全ページ) PDF(150ページ、5.05MB)

 ■こちらから「インターネットは一般消費財流通をどう変えるか 2022」を各章ごとにダウンロードいただけます
 (前書き)日本国内のEC市場規模など PDF(3ページ、1.28MB)
 Ⅰ.コロナ禍における生活の変化 PDF(25ページ、1.61MB)
 Ⅱ.一般消費財の買い物に関するインサイト PDF(85ページ、3.08MB)
 Ⅲ.デジタルネイティブ世代の買い物行動 PDF(33ページ、1.97MB)
 (後付け)本レポートのご利用に関して、お問い合わせ先など PDF(2ページ、1.06MB)

■過去の調査レポート


2021年版
PDF (156ページ、9.65MB)


2016年版
PDF (17ページ、1.44MB)


2015年版
PDF (19ページ、2.0MB)


2014年版
PDF(98ページ、5.87MB)


2013年版
PDF(102ページ、22.8MB)


2012年版
PDF(61ページ、19.9MB)


2011年版
PDF(72ページ、8.3MB)